人生しきりなおしちゃん

人生しきりなおしちゃん

25歳女子。仕事やめて大学院へ行くの巻

いつのまにか26歳 毎日全力

とうとう昨日で26歳になりました。

 

月曜に授業がなかったので、土日月で実家に戻り、

久々に友人とあったり、免許更新などして

充実しましたが、

 

着いた初日に何気なく、

 

(母)「まだ若いじゃ〜〜〜ん」

(私)「いやっ明後日で26歳」

(母)「(無言)結構歳だね」

 

の下りで、26歳になるという重みを

ずっしり感じました。(笑)

 

 

そうなんです。26歳で学生なのです。(笑)

 

考えてみると、

25歳になってからこの1年間は

人生でも1位なんじゃないかっていうくらい

濃厚な1年だった気がします。

この1年を時系列順にして見たら

 

25歳時系列まとめ (自己満)

 

--------------------------------------------------------------

クリエイティブテクノロジー局から営業局異動 (4月)

→最初は企画も営業もできたら最強やんってクソポジティブになっている

・Bapaと777塾に通う (6〜10月)

→会社外の人と知り合う機会が多くなり、少し今の仕事に疑問を抱き始める

・体に不調があわられ、ぶっ倒れる (9月)

 

→あれっ私のしたい事って・・・と考える。上司に辞めると報告

IAMAS受験し合格 (10月)

・会社退職 (12月)

・海外失踪(2〜3月)

・入学(4月)

--------------------------------------------------------------

 

 

こんな感じ。改めてみると、

あれっ営業期間めちゃ少ないやんってなるし、

大学院考えてから受ける時間の短さとか感じますね。。。

 

大学時代から、メディアアート制作している中でもっと面白いことしたいってなった時、結局お金が必要でそれをきちんとクライアントに伝え、お金をもらった上で、

制作したいっって思ってました。しかもどんどん新しいテクノロジーが出てくる中若手からちゃんと裁量持たせてもらえ、仕事ができるという理由で憧れの会社に入社。しかも配属先も唯一のプランナー部署で、辛かったけれど、でもきっと自分の夢へ近づいているはず、、、。と、思いながらコツコツ頑張っていた矢先での、営業足りないから営業局異動。

でも正直最初は、営業もできてプランナー職もできたら、一人広告代理店になれるじゃん!というクソポジティブな考えで営業になったものの、媒体から上がってくる数値の報告、クライアント対応、そしてエクセルにつまづく。笑

 

 

営業も頑張りたいながらも、やっぱりきちんと自分で企画し、作れる人になりたいということはきちんとしたく、ドキドキしながらBapaに応募。ポートフォリオ提出か、課題「地元に海外の観光客を増やすための作品」どっちかを選ぶのですが、デザイナー・エンジニアの方が多いのでポートフォリオ提出している人がほとんどの中、プランナーの時もパワポしか触ってないし、今エクセルだしってことで、課題提出。

 

地元清澄白河はコーヒーが有名なので、コーヒーの味でオススメの観光プランを

教えてくれる装置を作りました。

www.youtube.com

 

ほんとしょうもないけれど、夜中仕事終わった後や会社行く前に一人で作って提出し、合格(ToT)あの時のバイタリティ異常。

そして、先輩に紹介して頂いたプランナー養成の777塾も面接をし、合格(ToT)

授業の開催場所が道玄坂で会社からめちゃ近かったので、水曜日だけ19:00に抜け、

猛ダッシュで授業に向かい、また授業が終わったら猛ダッシュで会社戻って仕事する日々でした。この時のバイタリティも異常。笑

 

どっちも私にとってはかけがえなく、無理してでも行ってよかったなと思ってます。最初は会社を辞める気なんてさらさらなく、むしろ自分の会社のことを全然知らない人に電博だけじゃなくてこんな面白い会社があるんだよ、自分の会社でも企画案件やら面白いことできるんだよ!と、自分の会社が好きすぎて、宣伝しまくっていました。

 

それが、どんどん授業受けてく、仕事をやって行くうちに、ギャップが広がっていき、

自分のやりたいことと今自分がしている仕事(これから進んで行くであろう仕事の方向性)のベクトルがずれて行っていることに気づき始め、でも毎日忙殺される日々なのでもはやそれも考えられなくなった時にぶっ倒れました。その時、初めていやっもっと夢に近づくためには道があるな、なんでここにこだわっている理由があるんだろう、となり、9月に上司に伝え、12月末に退社しました。

 

退社するまでの3ヶ月は、 毎日とても長かったですが、もう今考えたら退社してからちょうど半年。この半年はあっという間だったなあ、、、と思います。

 

 

去年が濃厚すぎて書ききれないですが、

やめてから初めてひとり旅(アメリカ・南米)に行ったり、車運転や料理も働いてから2年のうちに5回もやらなかったぐらいなのに、上達して、人間らしい生活になってきたなあっと毎日感謝しております。笑

 

IAMASに入ってからは、6月初めまではグループワークでひいひい徹夜をする日もありましたが、私にとっては好きなことをやれる時間ができるってこと自体で幸せ。だからこそ、妥協しないで頑張りたいって思えます。

 

先生も環境もトップクラスによくて、場所が不便な分(笑)逆に研究に集中できるので、たまーに東京に行ってインプットして、帰ってきてアウトプットして。。。みたいなバランスがとても取れる気がします。(自分次第ですが)

 

昨日、お酒を爆飲みして夜行バスに乗り、全く覚えてないけれど

友人から26歳の抱負は?って聞かれた質問に「毎日全力」4文字返してみるのを見て、改めて頑張ろうと思いました。笑 

 

 

26歳。自分が10代の時は、26歳なんて結婚していると思っていたし、まさか学生になっているなんて夢にも思っていませんでしたが、もう26歳でこうなっていたからには、毎日毎日大切にしていきたいな〜って、普通のことですが笑 思っています。

 

 

 

 

 

本当に石垣島でツボな雑貨・お土産たち

3年ぶりに石垣島に行ってきました〜

 

今回も、3月の旅と同様ひとり旅。

一回、ひとり旅を経験してしまうと、ひとりに対して抵抗感が無くなりますね。

逆に一人でできることが増えてしまって行き、

一生独り身にならないか、若干不安になりますが(笑)

 

私は沖縄本島生まれで小学3年までいたので

(いきなり父親が東京ドリームを語り出し、引っ越した)

石垣島には祖父母に会いにしょっちゅう行ってましたが、

4年前、3年前に祖父母が亡くなってからは、沖縄本島

行くことはあっても、石垣島までは中々行ってなかったので、

今回の旅はお葬式以来3年ぶり。時が流れるの早すぎな。

 

 

今回の目的は、

・お墓参り (小浜島にあるおじいちゃんのお墓へ)

・学校の研究 (と言いながら完全に観光気分で楽しんでしまった)

 

をするため、学校のちょうど授業がない期間を狙って1週間滞在!

短いと思ったけれど、案外色々回れました。

そして、まさかの前職の社員旅行とかぶるという奇跡(本当に)

が起きたので、5ヶ月ぶりにたくさん職場の方に会えて、

勝手に色々思い出して泣きそうでした。笑

 

まず、石垣島についた時の感想。

新しいお店がたくさんできていて、観光客(海外)もめっちゃいる!!!

 

石垣島市役所の方に取材した時に聞いてみたら、

今、台湾からのクルーズ船と香港⇄石垣島の直行便ができたとのことで

一気に海外の観光客が増えているそう。。。

 

新しいお店にテンション上がっていたけれど、石垣島に住んでいるおばさんに

話してみたら、元から住んでいる人は新しいお店に興味がないそう。笑

近くにチョコレート屋さんできてますね!と言っても、

「そうなの〜あれ何か〜って周りと話してたさ〜」って感じ笑

逆に、石垣島ただでさえスーパー少ないのに、そのスーパーや薬局に

海外の観光客が殺到してて、困るって言ってました。なるほど。

東京でいう爆買いがここでも起きているとは。。。

 

市役所の人は観光客が増えて欲しいと思っていろんな施策を

やってますが、増えた後、きちんと受け皿を作り

観光にきた人も元いる人にも、メリットになるようにしないと

いけないと思いました。

 

というより、そもそも元から住んでいる人は

観光客来なくてもいいって思っている人も多いので、

ちゃんと観光客が多くなったら、その土地の経済も上がり、

観光とは直接的に繋がってない人にも還元できる仕組み

必要だな〜とも感じました。

 

 

話は戻りますが、

個人的に石垣島に行ったら行っておきたいお店を

紹介しようと思います。 誰得情報ですが!!!笑

最近の石垣観光雑誌。みんな掲載されているの同じ!

観光客が行くところもみんな一緒!もっと良いもの・ところあるのに!

と思って発狂したので、 全然書いていなかったこのブログに書いちゃいます。

 

①〜食べ物〜 伊佐製菓の塩せんべい

幼稚園の頃から、石垣島に行くたびに絶対購入していた塩せんべい。

これは本当に美味しい。スーパーに売っているお土産用の塩せんべいと

味が全然違う(気がします)

売っているところが、そもそも2店舗しかない。

ユーグレナモールの端っこにある金城商店か空港のみ。

入荷数が少ないし、そもそも知っている人は爆買いするので、

売ってあったら速攻買ったほうがいいです。笑

しかも200円。安い。

f:id:tana_mi:20170617191748j:plain

ちなみに金城商店の店番しているおばあちゃん、

おばあちゃんのお店がすぐ近かったので、

幼稚園の頃から、よく買いに行っていたけれど、

その頃からいる。今回行ってもめちゃくちゃ元気だった。

一体全体何歳なのか。謎。笑

 

〜食べ物〜玉城和さしみ店

石垣島の天ぷらは普通の天ぷらと全然違って、

ふっくらもっちりしてます。家でお母さんが試そうと

しても中々うまくできない。なんでかわからないけれど、

ここもいっつも石垣島行ったら、買います。

今回は、いけなかったけれど、石垣島に行くときは絶対食べて欲しい。。

本当に。。。お願いします。。。号泣

 

③〜食べ物〜宮良農園のアンパル陶房併設カフェ

これは雑誌の表紙になってたりするので知っている人多いかも

しれませんが、

 

景色も良い。

ジュースも美味しい。

アンパル陶房の器たちが可愛すぎ。

浜辺もある。

 

という、とんでもないベストスポットだと

個人的に思ってます。笑

両親がアンパル陶房の器が好きで、

行くたびに購入するので、私もそれに乗っかって、

マグカップと皿購入。今、岐阜でも使ってます。

アンパル陶房HP

http://anpaltoubou.ti-da.net/

 

今回は前職の方々と行きましたが、

めちゃくちゃ楽しんでくれたみたいでよかった。

特にもともと農園なので、その農園で取れた

グァバジュースが尋常じゃない美味しさ。

ちょうど6月?とかが収穫時期でいいらしい。

f:id:tana_mi:20170617191836j:plain

完全に観光しにきてる人

f:id:tana_mi:20170617193753j:plain

浜辺

 

④〜お土産〜オシャデザインオミヤゲ

 

今回、石垣島で市役所に取材できるきっかけを作ってくれたのは、

昨年まで3年間市役所がやっていたUSIOプロジェクトという

石垣島の魅力をいろんな方法で伝えるプロジェクトのおかげなのです。

 

usioproject.com

昨年、まだ働いていて、777塾というプランナー養成講座?

のようなものに通っていたとき、主催場所のロフトワークという会社の方に

教えて頂き、こんな素敵なことを石垣島がやっていたとは!と感動し、

担当の方に連絡して、色々話を聞いたのが、始まり〜

 

 

デザイナー・クリエイターの方による石垣島のお土産デザインコンペで

実際商品化されたものたちが、ユーグレナモールの公設市場2階のお土産スペースで

売ってます!!!

見た目がまずかわいすぎて。絶対20代女子のツボを抑えてます。。。

f:id:tana_mi:20170617191847j:plain

 

⑤〜お土産〜つぼや

f:id:tana_mi:20170617191801j:plain

 

いつできたのかわかりませんが、ユーグレナモールに

器屋さんができてました。買ってはいませんが、

石垣島の可愛い器がたくさんです・・・。

石垣島も陶芸が有名なので、ぜひ訪ねて欲しいお店。

店内もシンプルで素敵でした。

 

 

⑥〜お土産〜やちむん館

 

f:id:tana_mi:20170617191814j:plain

石垣島の民芸といえば、ここだと思います〜!

石垣島に住んでいた、ヨーガンレールさんのブランドの品

バハークリも多数置いてあります。

 

若干、値段は高いですが、みんな素敵な品・・・!

一つ、何か自分へ素敵なお土産を・・・って時に

良いお店な気がします。

私も働いていて、お金に余裕があったら買っていた。

現在#It's収入なし生活

 

www.yachimunkan.co.jp

 

⑦(安定の) 石垣ペンギン

写真ないですが、ちょっとおしゃれな雑貨購入するなら、

安定の石垣ペンギン

 

先ほど買いたアンパル陶房の器も少し売ってます。

沖縄に関わらず、いろんな雑貨が置いてあります〜。

石垣ペンギン - 沖縄・八重山諸島をはじめ 国内外で出会った素敵な作品や、工芸作家のこだわりの逸品が集まる店内。 カフェスペース、ギャラリー併設。 石垣ペンギンオリジナルブランドのユニセックス着物 CHI MU NO、 「旅先でこんな服があったらいいな」という思いから誕生したTravel Penginを展開。 姉妹店、「辺銀食堂の石垣島ラー油」の引取り店でもある。

 

 

なかなか、雑誌に掲載されてなくても、おすすめなお店

たくさんあるので、ぜひ石垣島に行く際は、行って欲しいです〜〜!

 

 

Twiter広告をやってみる

4/25-5/1で自分のtwitterで広告をうってみました。

 

その背景として、、、

働いていた時、私はいわゆるネット広告代理店でターゲティング広告を主に営業としていました。

 

売らなければいけない立場にいながらも、どんどんいろんなメディア(twitterfacebook、LINEなど)でユーザーが知らない間にいつのまにかデータを取られ、それを元にこの商品に合うユーザーはこういう人だ、とターゲティングして広告を配信していることに対して、単純に怖いことだな、気持ち悪いことだな、と思い始め、日に日に疑問が大きくなっていきました。

 

もちろん、それで良い事もあるかと思いますが、(例えば女性が全く興味のない男性系整髪剤の広告を見なくても良いとか)これからどんどんテクノロジーも発達していく中、もっと自分ではわからない範囲でデータが飛び交って、個人情報が使われていくのではないか、ということを自分が配信する側にいながらも思っていたので、会社をやめてからはこのことをテーマに作品作りをして、知ってもらう機会を作りたいな、と思ってます。

別に知らなくても良いことだけれど、知っていると知っていないじゃ、情報の使い方も変わってくる。それを伝えられるのが、その業界にいた私ならできるんじゃないかな〜なんて思ったり。

 

 

 

その研究の一つとして、まずは自分のtwitterで広告をしてみることにしました!!!

twitter広告にした理由として、細かくセグメントできるから。そして、金額も安く広告配信できるから。

 

twitterはフォロワー数を増やす、プロモアカウントなどありますが、ほとんどの企業が行っているのが、プロモツイート。単純に、KPIはキャンペーンのサイト遷移数などが多いので、今回もプロモツイートにしました。

¥1000で1週間配信。

そして、以下のようにセグメント。

 

岐阜県在住(国、県も分けられる)

iphone6ユーザー(osも分けられる)

IAMASについて呟いた人のみだけ(呟いた言葉で分けられる)

・興味関心(犬好きとか、テレビ好きとかtwitterユーザーは全員グループに分けられている)

 

できるだけ配信母数を減らしてピンポイントに配信したかったので上記ぐらいセグメントしました。これで、だいたい予想配信母数6千人でした。

 

twitter広告のクリエイティブはこれ。

 

f:id:tana_mi:20170513235218p:plain

 

こんなの流れてきたら普通に怖い(笑)

でも、今回の目的は、これが流れてきたときに、それを見た人はどう思うかってことだったので、これくらいがっつり攻めたものにして見ました。

 

 

 

そして、実際行った結果がこれ。

4/25から4/30で毎日200円ぐらい使いながら配信しました。

f:id:tana_mi:20170514001953p:plain

f:id:tana_mi:20170514000654p:plain

インプレッション(表示回数)が1605と思った以上にあってびっくり。

でもtwitterはFQ(同じ広告が同じ人に表示される回数)が設定できないので、もしかしたら同じ人に何回もこの画像が表示されている可能性もあ理、1605人に表示とはっきり言えないですが。

 

 

この画像をクリックすると、この広告を見てどう感じたかアンケートページにいくのですが、それをクリックした人も33人と以外に多い!!!これはびっくり。

 

アンケートに答えてくれた人はその33人のうち2人。

アンケート答えてくれる人いないだろうな〜と思っていたので、びっくりしました。

 

imp:1605

Click:33(サイトに遷移した人)

CV:2(アンケート答えてくれた人)

 

 

アンケートにはシンプルに

・表示された画像は当てはまるか

・当てはまらなかった場合どの部分が当てはまらなかったか

・年齢

 

3つを聞いたのですが、アンケートに答えてくれた2人のうち、

1人は当てはまらない部分で「IAMASを知らない」て答えてくれました。

 

もしかしたら、twitterIAMASって 「I AM AS○○○」みたいな感じで意図しない文章がIAMASになっていたのかも。

 

 

 

初めて自分のtwitterで広告をやってみて、これが直接的に作品に繋がらないかもしれないですが、興味深かったです〜。

 

 

ドンタク玩具社さんのこけしがツボ 〜京都で見つけたツボな雑貨〜

f:id:tana_mi:20170503014726j:plain

 

4/30,5/1に大阪・京都に行きました。

大学の時、お世話になった先生に会いに。

続きを読む