人生しきりなおしちゃん

人生しきりなおしちゃん

25歳女子。仕事やめて大学院へ行くの巻

【Touchdesigner】Arduinoでシリアル通信とVJソフトArenaにOSC送信する方法について

忘備録のため、ブログに残すこととします。

 

<今回行うこと>

Arduinoに繋いだボタン5つどのボタンがクリックされたかをシリアル通信でTouchdesignerへ送信。

押されたボタンに応じてVJソフトArenaで割り振った映像を変更。

 

VJソフトに送らず、Touchdesignerで完結できるじゃん!となるかもしれませんが、私はTD有料版ではないため、フルHDで映像が投影されず泣く泣く無理やりOSCを使用することとしました。

 

そもそもArenaとTDのOSCのチュートリアルもなかったので、いるか分かりませんがお役に立てるかもしれない...というところからブログに残すこととします。

 

 

まず、

(1)Arduino→TD (シリアル通信)

 

ボタン(モーメンタリ式 )とArduinoを連携させてます。

そして、TDでSirialDATを作ります。

シリアル通信で、押された番号が表示されるようになっているので、

SelectDATで一行目だけ取得。

DATtoCHOPでCHOPに変換します。

f:id:tana_mi:20190123152152p:plain

f:id:tana_mi:20190123152157p:plain

そのあと、nullCHOPをかませて、

1〜5ボタン分のExpressionCHOPを作り、

ボタン1が押されたら、一つ目のexpress1CHOPが0から1になる。

ボタン2が押されたら、一つ目のexpress2CHOPが0から1になる。...

というように、指定します。

(私は押されたボタンの回数もカウントしたかったので、countも追加しました)

f:id:tana_mi:20190123152148p:plain 

f:id:tana_mi:20190123152141p:plain

 



 

 

 

 

(2)TD→Arena(OSC通信)

ExpressinCHOPConstantCHOPでまとめてここでArenaにOSCを飛ばす準備をします。

 

ここからは一旦Arenaの設定を確認していきます。

 

Arenaを開き、タブのMapping> edit Application OSC MAPをクリックすると、

f:id:tana_mi:20181125220924p:plain

OSCでどこに割り振るのか、確認することができます。

緑になっているところが、割り振れるところで、クリックすると、

その箇所の階層が見ることができます。(左下のOSC Output部分)

 

f:id:tana_mi:20190123152126p:plain

この階層部分をコピペして、ADノConstantCHOPに貼り付けます。

今回は、Arenaのレイヤー2のクリップ1~5に映像を入れといて、

ボタン1が押されると、OSCでレイヤー2のクリック1がクリックされるようになっています。

 

ここで注意なのが、ただこの階層をコピペしても反応しません!

最初のスラッシュを削除して下さい!

 

例えば、「/layer2/clip1/connect」だったら

「layer2/clip1/connect」と貼り付ける。

 

これで、TDでOSCCHOPでTDから送信するOSCの番号とArenaで受け取るOSCの番号が一緒か確認してオッケーです。

 

 

あまりArenaを使っている人を見たことないですが、、、

もし誰かのお役に立てられたら嬉しいです!

 

では!

 

 

「吸収したものをきちんと整理して形にする」そして「伝える」

もう3月も今日で終わりということとなると、もう岐阜に来て1年ということになります。6月ぐらいまではえっまだ3ヶ月しか経ってないの...という感じだったのに、9月に留学に行ってからは本当にあっという間で、岐阜生活もあと1年。きちんと計画立ててやっていかないと、すぐ終わってしまう気がします。
 
 
会社を辞めて、2年間大学院に行くと考えたとき、2年後、会社にいた時よりも成長したと実感できるようになるというのがまず第一に考えたことでした。
 
会社から逃げた、と思わず、2年間今のままでは身につけなかったスキルはもちろん考え方、行き方を見つけ、辞めたからには今行きたいと思った方向でブレーキをかけずに突っ走らないといけないな、と思い、会社を辞めて大学院入学までは、小さいことでも今まで逃げていたことややって見たかったことを少しでもチャレンジしたいと、超絶苦手だった手芸、料理(歳的にできなきゃやばいけども笑)、逃げていた運転をやってみたり。。。そして初の一人旅でニューヨークと南米に行きました。
 
南米は初めてにしては非常にハードルが高かった気しかしないけれど(笑)まさか会社を辞めて、会社にいる時は将来が見え無さすぎて(もはやその状況を変えたいと思ってなく)鬱になっていた自分にとって、あれもしかして、まず踏み出してみて努力したらなんでもできるんじゃないかって会社辞めてからの数ヶ月で一気ポジティブになった経験でした。
 
入学してからは、全くジャンルも違う、歳も違う子達と一緒にグループワークで物を作る作業や、正直大学もアート系でもないし、だからと言ってゴリゴリ理工系でもない、という中途半端な状況で両方の分野のガチンコのような考え方に触れられたというのも大きかったです。
特に授業でアート分野の話を聞いて、自分の知識のなさをひしひしと感じ必死に追いつこうと図書館で授業で言ってたキーワードを調べてみる、というサイクルを繰り返していくと、毎回毎回新しい考え方に遭遇できて、きっと会社では役に立たないかもしれないけれど(笑)、生きて行く上では大事なことだなって思える物にたくさん出会えた気がします。
 
留学も3ヶ月間。今までこんな長い間海外にいたことがなかったので、パニックになりそうながらも自分で探し、なんとなく解決、とりあえず行ってみるみたいな、ことの繰り返しで毎日、毎日ゲームをクリアして行く感じがありました。笑
 
 
そして、何より学校の環境。何より生徒も少ない中先生との距離が近い、機材や図書館の設備が良すぎる、、、最高の環境でいろんな意見を聞き、すぐに実践できる環境が備わっているのはとても貴重なことだと思います。
 
なんか卒業するときに書く内容になってしまいましたが、
結論、この1年を一言でまとめると 「チャレンジ」と「遭遇」
 
 
26歳になって、正直こんなことわからないなんて恥ずかしいなって思うことも多々ありましたが、もうしょうがないから、とりあえずチャレンジしてみることで、ちょっとずつ成長して、一歩が踏み出しやすくなり、(特に4ヶ月間海外にいて)こんな経験、今までしてこなかったし、もうこれからもこんなに一気に体験することがないだろうな〜ってくらい、いろんな物・人に遭遇できました。
 
 
でも、明日からの1年は、遭遇して自分が感じたものを形にする、考えたことをまとめる、そして次のステップの準備をする期間だと思っています。
この1年わちゃわちゃ〜と出会ったものを整理して、修士研究を進めて行きたいです。
 
なので、この1年の目標は
「吸収したものをきちんと整理して形にする」そして「伝える」
すごい文章感ありますが、今年は岐阜にこもってこの1年で考えたことを、
きちんと体に染み込ませ、(表現なんか違う気がするけれど)、アウトプットし伝える。
 
 
ことを意識して頑張ろうと思います!
また1年後、胸を貼って私はこういう人間になりました。このまま突っ走っていける準備は整いました。って言えるくらいになれるよう精進して参ります。
 
明日から4月頑張っていきましょ〜〜〜
 

touchdesigner:ショートカット忘備録 ※随時更新

touchdesginerのショートカットを忘備録のため記載します。(※随時更新)

 

I キー
選択したオブジェクトの階層深く入る。
 
Uキー
そのオブジェクトの階層から一個上の階層に出る。
 
Hキー
全体を見られる。
 
選択して、shift+h 
選択範囲にフォーカスして見られる。
 
tabキー
COMP、TOP選択TAB表示
 
ctrl+TOP、COMPなど
複数、一気に選択できる

3ヵ月留学を終えて  留学まとめ

 
 
入学してからまだ半年も経ってないのに、3ヵ月も留学なんて、期間長いな〜と思ってましたが、あれよあれよといううちにもう帰国となりました。
 
去年までは、一人で海外旅行なんて絶対できないと思っていた私が、3月のアメリカ、南米一人旅をを経て、今回はヨーロッパ。この1年で今数えただけでも、13カ国。きっと一生でもこんなことないだろうなって思います。笑
 
今回は3ヵ月間、主にヨーロッパのアートシーン(ギャラリー・カルチャーセンター)を見にいろんな国に行き、とても濃い時間を過ごすことができました。
 
そして、留学先での大学の授業について。できるだけ、色んな授業を受けようと思ったのですが、普通に会話するのと授業での英語は全然違う。話が早すぎるのと私のボキャブラリー不足で内容が半分ぐらいしかわからず歯がゆい思いをし、なかなか授業について行くのが大変でした...。特に授業内で議論することが多かったので、まず質問の意味もあまりわからない状況だと何も話せず、きっと英語を勉強した後に来れたらもっと吸収できただろうな〜と思います。でも、ここに留学して良かったという点としては、様々な国の学生がいて、価値観も違うし意見も違うという環境で、色んな意見を聞くことができた点。これって日本だとやっぱり日本人だらけになってしまうので根底の教育や文化は同じ。そうなると大体全部伝えなくても伝えることができますが、でもここでは、一番初めから丁寧に話さないと、伝わらないという点でも英語で何か意見をいい、意見をもらうということが自分にとっては本当に貴重な体験でした。
 
あと、interface学科というのもあって日本好きな人が多いことに驚愕!そしてよく留学した人が言っている、「日本人は自分の国のことわからなさすぎ問題」を私も味わいました。interface学科では、機械の歴史や、アニメ・ゲームのことも授業で教えたりするのでそれに伴ってソニーやら任天堂やらの話題が出るのですが、私そこまでゲーム詳しくないかつ日本美術も詳しくないのダブルパンチで、意見を求められても、なにそれ初めて聞いたわっていうことも多々あり冷や汗を書きました。最初は、もう海外に住みた〜と思ってましたが、今は日本できちんと勉強する大切さを感じてます。
 
 
そして、今回の留学の目的は私の研究テーマである「アートと地域との関わり」についてなので、ヨーロッパではどういう活動をしているのかを見学したく、様々な国に行き、英語がネックだったのであまり直接は話せなかったものの、見学できただけでもとても研究になりました。そして特に、私が滞在していたリンツはまさに第一線でテクノロジーで街の活性化を図っている都市なので、年に一回行われるメディアアートの祭典アルスエレクトロニカを含め、3ヵ月滞在しどういう町の雰囲気でどうアートが街に溶け込んでいるのか、知れたことは今後の研究でも役に立てたいです。
 
 
ヨーロッパで感じたアートへの考え方
「教育」と「美術館以外のアートに触れる機会」について
 
教育について。これはヨーロッパだからこそかもしれませんが、教科書に載っている有名なあの絵をすぐ見れる環境にあり、小学校一年?ぐらいの子たちでも、きちんと美術館に行って絵の前で授業をしているので美術に対して抵抗心がないのではないか。ということ。
 
 
私が小学生の時は、博物館には行くけれど美術館に行った経験はあまり思い出せない気がします。で、それから中学、高校になるとあまり美術館に授業ではんば強制的に行くこともなくなるので、美術館に行ってなにをすれば良いのかわからないし、作品を見てなにを思えばいいのか、わからない状況を生み出してるんじゃないのかな、と感じます。それによって大人になると、自分で選択できるから、あえて美術館を選ばなくなることが起きてるのではないか、と推測しました。。。特に東京は面白い展示たくさんあるのに、もっと小学校から行ければな、と思います。子どもが美術館に行くことのメリットに、多様な考え方を知り、受け入れることができるということなんじゃないかな、と思います。アートは正解がないことが多い。特に現代アートだと、見る人自身に委ねられることが多いので、小さい頃から、こういう考え方もあるし、それも正解だし、これも正解だよね〜と考えるられることは大切なことだと感じました。
 
そして、街中にギャラリーが多い。授業で、リンツ市内のギャラリーを回るっていう授業があるのですが、えっここもギャラリーだったの?みたいなところもありとても面白い。そして、それぞれ自分たちの考えにそって活動をしているのが興味深い!
 
特に、昔の建物の中を改装してギャラリーにしている場所が多く、街に溶け込みながらアートがある印象がしました。そして、美術館よりも入りやすいため美術鑑賞のハードルが低くなる。自分が街に住んでいたら、いつも通る路で家に帰る途中にふらっと寄れるような気軽な印象をもてる。
 

 
昔から馴染みのある場所の利用(建物)
例えば、モスクワのギャラリー群やリンツの元タバコ工場。アムステルダムなど。これは、昔使われていた建物を改装してギャラリーや美術系の学校、文具店などもある複合施設になっている。これによって、自ずと人に見てもらいやすい環境になっています。
 
 
 
昔から馴染みのある場所での併設
そして、水辺やその地域にある場所に新たに立てるケース。アムステルダムのmediafoundationやwatershedは街の周りに水辺があることから、その特性を活かして施設を作っていました。
 
市がまず軸を決めて建物を新たに作る →体力がいる
あとは、もうアルスエレクトロニカセンターのようにまずは市がドドンとお金を出して、新たに柱を作る方法
IAMASもその中の一つに入るのかも。
 

 
内容で人が集まりたいと思う場所
コアワーキングスペース・スタートアップとしての利用、リンツのfbo?
watershedと元タバコ工場は、ワーキングスペースがあることで人が集まりやすい環境を作り出しています。
あと、watershedは映画館もあるので、それを見に来ている高齢の方が多い印象でした。
 
 
 
アルスエレクトロニカは、そういう意味でガッツがある施策というか長期的に行う覚悟の元、出発したものだと感じます。。。ただ、最初はイベントだったものがアルスエレクトロニカセンターができて研究機関ができて、企業との連携ができて、という流れなので、最初は一方的でも一時的なイベントを起こすことで興味関心を持ってもらうことが必要だと感じた。そういう意味では、ヨーロッパは大小イベントが多い。(市場・蚤の市)
そこで、人に興味を持ってもらったのちに徐々にステップを踏むことで地域の協力を得つつ、これまでの大きな施設になったのだと思います。
 
 
もし、日本でやるとしてもいきなり何かを立てるのではなく、一時的なものが地域に入りこむことの一歩に繋がるのではないか、と感じました。それが芸術祭なのかもしれないけれど。芸術祭以外でも何か良い方法はあるのか考えたいです。
 
あと、継続方法について。
モスクワはギャラリーネットワークで助成金を出し合っている
アルスは市の助成金と企業からの請負あとは会社からのCSRとして運営されているのもあるそう。日本はそう考えると、圧倒的に自治体からの助成金で継続されている企画されているものが多い気がします。どうなんだろ。ここは日本に帰ってからきちんと調べてみたいです〜。
 
 
 
日本に帰ってきて、また大垣の生活。留学中は「初めて」の体験が多すぎて毎日整調性ている実感が沸いていたけれど、日本でもこの3ヶ月を糧に、毎日成長した実感が湧けるよう日々精進して参ります!