人生しきりなおしちゃん

人生しきりなおしちゃん

25歳女子。仕事やめて大学院へ行くの巻

アムステルダム eyemuseumとぶらぶら散歩

 

アムステルダム 美術館・ギャラリーめぐり
 
アムステルダムは意外にも美術館が多くて、朝から細かくスケジュールを刻んで回る予定でしたが、1番はじめに行ったeyemuseumが良すぎて半日ぐらいいた気がします。(笑)
全然関係ないですが、夜のアムステルダム↑ 綺麗・・・
 
Eyemuseumはアムステルダム中央駅から船に乗って(ゆーて船に乗っているのも5分ぐらいですが)すぐ対岸にあります。
 
映像関連の歴史や企画展をやっているようです。まずミュージアムの建物自体がすごい。。。
 
中も綺麗で、展示に入らな行くても、カフェから海全体を見渡せるので、カフェのみ利用している人も多い印象でした。
 
 
まずは常設展へ。小さい子でもわかりやすいような仕組み(小さい子が持てるipadみたいなディスプレイを設置している)や、グリーンバックがあって合成を楽しめる装置など、よくある映像の歴史がつらつら展示されているだけでなく、実際に触れるのが非常に楽しかったです。映像学部卒業ながらも、そんな映像の歴史詳しくないのですが、あれは昔、授業でやったあの機械や・・・!みたいなものもありました。(笑)つい最近、リンツ工芸大のメディア考古学でやった、マジックランタンも普通に置いてあって、これもテンションあがる。
 
そして、なにより次の企画展が非常に良かった。。。
タイの映像作家のアピチャッポンを取り上げていたのですが、知らずに見ていて衝撃...。一回大学生の時、京都での展示は行ったことがあったのですが、その時とはまた違った印象。アピチャッポンの作風が変わったというより、私が変わったんだと思うけれど、大学生の時は見て、むむむ、難しい...と感じたことも今回見たら、すっとはいってきてずっと見ていられるかんじでした。
 
Fireworksって作品は真っ暗闇の中、花火や通りがかりの人がカメラのフラッシュを炊くことで時折、中心のオブジェが見える。そして、別の作品はひたすら真っ暗な中、遠くの中心に何か見えるような気がするけれどそれが何かわからない映像。
作者本人の出身地をメインの映像が多いんだけど、ただの記録映像(インタビュー映像)になってないのがすごい。
 
大きな空間のまんなかに丸型のソファがあり、それに寝転がりながら8面ぐらい囲まれた映像で見れるのは贅沢でした...。
 
基本静かな作品で直接的にメッセージを伝えているわけでもないんだけれど、見ていてなんか同じアジアだからかはたまた私が沖縄出身だからか、親近感を感じます。
 
しかも、学部の先輩がアピチャッポンを専門に大学博士まで行っているのでこの興奮を伝えたら、本当はfireworksはガラスやアクリルに反射させることで、花火が飛び散った瞬間に壁にも投影されるらしい...。日本でも展示するらしいのでこれは見にいかな...と思いました。
 
 
 
Eyemuseumで放心状態になった後、美術館ではないですが、また船を渡ってmediamaticfoundationというところへ。地域団体で自然と科学をテーマに色々活動しているみたいです。実際、施設自体はやっていなかったですが、ビニールハウスで野菜?を栽培していたり、建物の中を窓越しに観ると、講演会できるようなスペースもありーの、ラボみたいなところもありーのでとても気になりました。しかも立地が川のすぐ横なので、気持ち良さそう...。アムステルダムは他にもこういう地域活動をしている団体がいくつかあり目星をつけて行ったのですが、どれも楽しそうでした。
ベルリンはもっと閉鎖的というか、若い人が経営している印象がありましたが、アムステルダムはもっと地域にのめり込んでいる感じがして、隣の国でも違うんだな〜と思います。おそらく、立地もあると思いますが。家族ずれもたくさんいて、家族でこういう地域団体に参加する人も多そう。
 
 
そして、逆に薬も合法だったり、ヤバイ系(アダルト系の)の劇場、お店もたくさんあるのが驚き。本当一本道を入ると、おしゃれな雑貨さんの裏がやばいお店だったりするので、え〜〜〜ってなります。(笑)
 
逆にここまでオープンな方がいいのかも。小さい子も多いし、普通にアダルト系のお店もたくさんあるし、アムステルダム性教育ってどうやって教えているんだろう、って興味が湧きます。
 
 
 
そして歩いて、De Hellen amsterdamへ。ここも美術館ではなく、大きい色んなお店がはいっている施設ですが、地下が自転車置き場になっていて、そこの構造が言葉だとなんか伝えにくいけれど面白い。
 
アーケードの真ん中では、コーラスやっていたり、その横では古着屋さんが出店していたりと、なんか街に溶け込んでいる感じがしてとても良い。
 
その横にあるフードコートは、20店舗ぐらいあって、そこも日曜ってのもあるけれど、広いスペースにもかかわらず満席でした。
 
おそらく建物は元からあって、中だけ改装している感じなんだけれど、最近東京とかにもよくできている、地域密着型の総合施設だけれど、若い人だけではなく、おじいちゃんお婆ちゃんも利用しているのが、特徴的。
 
日本でも同じモデルをやろうと思っても、ここまで幅広い年齢層の人たちが使いたいって思えるような場所になるのってなかなか難しいよな〜って思いました。
 
 
アムステルダムは、首都といいながらもスーパーもありつつ、きちんと小売業店も残って地元の人も観光客も利用しているのが素敵。しかも、お店もセンスがあるところばっかで、なんか他のヨーロッパの国にはない独特さを感じました。
 
住みた〜〜〜て思ったけれど、もちろん物価と語学の壁高し。
 
 
国立美術館は時間がなくていけなかったですが、またいつか来る際はきちんと予約していこうと思います〜。
アムステルダム中央駅にはグランドピアノが置いてあり、自由に弾いてくださいって書いてあった。素敵!
 
そして、この日は18:30の電車でフランクフルト、0:05フランクフルト発で朝06:00ミュンヘン着という怒涛のスケジュール(宿泊代をケチっただけ)の移動!
 
ユーレールパスで元を取るために必死になっている感はありますが、このおかげで200ユーロぐらい、元はとれた気がします(笑)

アムステルダム!バッハ美術館と激ウマオランダ料理

 
夜行バスで、ベルリンからアムステルダムへ。
アムステルダムは物価が高いので安いホテルが中々探せず、結局ホステル。しかも市内から30分かかるところ。 正直、ホステルは苦手でどんなにお金がなくても旅行に行く時は個室を予約するが今回は、お金が圧倒的にないので(笑)泣く泣くここを予約しました。6人部屋でも60ユーロ...。やっぱりアムステルダム高いっ!泣
 
でも、初めて行ったアムステルダム。この留学3ヶ月間で1番良かったのではと思うくらい良い場所でした。水に囲まれて、ベネチアみたいな感じかな、と思ってましたが、川に囲まれながらも、街全体が大きいので道も広い。しかも、街並みもとてもきれいで、トラムに乗るよりも、歩いて回りたい!と思えるようなどこを見ても景色が美しい場所でした。
 
 
ついてからホテルに荷物あずけた後は、幼稚園、小学校の途中まで沖縄で同級生がドイツに住んでいるので再会!アムステルダムで再会なんておしゃれや...。京大卒の省庁に勤めているエリートで私とはかけ離れた世界にいる子ですが、最後に会ったのは、社会人1年目の土日も絶望的に仕事をしている時だったので、あの時に比べ、今の方が余裕をもって話せて、楽しかったです。あの時は2?3時間会って速攻会社に戻るみたいなかんじだったので...。
 
 
アムステルダムは、美術館やレストランなど常に行列ができるとのことで、事前に友人が予約をしてくれ(号泣)まずはバッハ美術館。正直、知識はない中でいきましたが、バッハの初期の作品からなくなる前まで、バッハの影響されたものなど、細かく展示されているので、知識がない人でも楽しめると思います。
 
ここでバッハが浮世絵に影響されたことを初めて知りました。浮世絵を油絵で模写したものも展示されていて、バッハが頑張って漢字を模写しているのが萌えました。(笑)
 
9月にベネチアのノイエギャラリーで見たアーティストも日本の墨絵に影響されて、作風変えてててびっくりしたけれど、それと通じる感じ。
 
バッハも、浮世絵の影響から輪郭をはっきりさせる作風にガラリと変わっていて、それが面白い。そして、画家もその人の作風の特徴というか、これは、このアーティストの作風!と示せるのが重要なのかな、と感じる。現代アートでいうと水玉は草間彌生や、とか。
当時は圧倒的に風景画が多い中、その風景を本物のように書く技術は必要ながら、そこに個性を出すのは今よりも大変な気がする。
今は、アウトプット手法もたくさんあるから、個性がもはや昔に比べたら出しやすいのかもしれないな、と思いました。
 
 
そして、バッハ美術家で安くなっていた傘を購入。なんか変な形だけれど(傘が壊れない工夫らしい)私が好きででも高くて買えないコシラエルの傘っぽいデザイン(バッハの絵だけれど笑)がいいな、と思い。しかも美術館出たら雨降ってた。丁度良い。
 
 
そのあとは、私がヨーロッパに来る前に代官山蔦屋でガイドブックを漁ってgooglemapに記しをつけまくったお店たちをぶらぶら。
オランダといえばチーズということで、チーズ屋さんにも入りました。友人がチーズ色々入っているセットを購入し、少し分けてもらいましたが、全然いつも食べているチーズと違う。味が濃い。きっとオランダの人はこれを日本でいう、するめのように食べているのであろう...。
 
 
友人が、いろんな種類のチーズが少しずつ入っているの買って少しもらったけれど
美味しくて泣きそうになった。。。
 
 
 
そして、予約してくれたオランダ料理やさん Haesje Claes Restaurant へ。
久しく魚を食べていなかったので、久々に魚を食べられて号泣。美味しすぎて号泣。このレストランが正統派のオランダ料理やさんらしい。値段もオランダにしては手頃らしい。
この色んな魚とエビ、じゃがいもが煮込んである料理で17ユーロぐらいでした。金欠で基本、自炊かスーパーで激安のパンを購入みたいな日々だったので久々にレストランでご飯を食べて幸せでした...。
日本語メニューの表示がおかしいけれどそれもまた味がある。ゲームのシチューって...。
 
 
友人は日帰りでドイツに帰らなければいけなかったので、ご飯を食べて解散!
2日目は、美術館・ギャラリーめぐりです〜
 

ベルリンギャラリー巡り! ベルリン2、3日間記録

本日行った美術館
 
Hamburger Bahnhof
KW institute for contemporary Art
ベルリンユダヤ博物館
 
まずは、Hamburger Bahnhof!
 
現代アートって言いながらも、常にベルリン新しいアートがでてきているから、もはやクラシックな展示だよっと昨年までベルリンに住んでいた方から聞いてましたが、アンディウォーホル・ヨーゼフボイスなどなど、もう巨匠という方々の作品をきちんと見るっていう機会がヨーロッパに来てなかったので、個人的には改めてこの機会に見れて新鮮でした。
 
 
東京都現代美術館にあるヘアリボンの少女で有名なRoyLichtensteinから始まり、でででんとアンディーウォーホルが並びます。今やUTでも出てるし、キャッチーな感じがするけれど、こんなにおおきなキャンバスでシルクスクリーンされた包丁・花を見ると圧倒される。毛沢東の作品なんか、もう大きすぎて存在感がすごい...。そもそも、あの時代にこの色で写真をシルクスクリーンし、絵画として発表するという試み自体がすごい...。正直ニューヨークのMOMAでみたときは、みんなinstagramにあげるぞ〜〜!みたいな感じの写真争奪戦であまり見れなかったですが(笑)ここはそんなに人もいなくてじっくりと見れました。
 
 
広告を会がにするっていうのが面白かった。そもそもアンディーウォーホル自体も元々広告のデザイナーだし、ちょっとキャッチーさのある絵っていうのがいいのかもしれない。
 
あと、ヨーゼフボイスは映像作品多し。今見ても、やっている事が新鮮というか、今のアーティストでもヨーゼフボイスのような作風の人思い当たらないっていうくらい。私が知識ないっていのもありますが(笑)やっぱりぶっ飛んでる...。
でも、最終的なアウトプットよりも、今やろうとしている試み自体がアートであると言ったのはヨーゼフボイスが第一人者だと思うし、行った事もやっぱり誰も考え付かないような事だと思うので、見ていてのめりこまれます。1番奥に、ヨーゼフボイスの作品ピアノと黒板に書いたなにかがある。
 
 
そして、一回出て奥に行ったところの常設展?も面白い。
 
 
Olafur Eliasson  highlighter
金沢21世紀美術館にもカラフルなオブジェがあるけれど、ここでは丸い光が空間をぐるぐる回り、最後はゆっくり消えていきまた違う場所からぽっと明かりがつく。何か生き物のようでずっと見いってしまいます。
 
Bruce Nauman 
room with my soul left out,room that does not care 
 
ブルースナウマンは、大学生の時ベネッセミュージアムで100回生きて死ね、が衝撃すぎてそれから卒業研究の時も文献調べたりしてました。この作品は、4方向にわかれた空間の中に入る。真っ黒のオブジェクトの中で半分行き止まりになっている。
とりあえず、大きいな空間にこのオブジェがあり、その中も暗い。とりあえず、中にいると気分が暗くなります。笑
 
入り口入ると3つにわかれてあり一つはレンガの行き止まり、もう一つはまっくろなかべの行き止まり、もう一つは外に出れる通路、それを選べって言われている気がしました。
 
 
 
出口はひたすら、照明にexitとかいてあるのですぐわかります笑
ここまでかかなくても笑
 
 
じっくりいたら、半日はいれるぐらい濃厚な場所でした。
これはベルリン行ったら見るべき、、、。
 
 
昼を食べて、KW institute for contemporary Art へ。
昼といってもお金がないので、昼はスーパーで0.59ユーロのパンを買って道で立ち食い。悲しい笑
 
思ったよりも小さかったです。
入ると、遠くから、犬の鳴き声が。声がする方へ行くと、真っ暗な空間にスピーカーが10台?ぐらい、中心を囲むようにたてられていて、
真ん中に座ると大勢の犬が苦しんでいるうような声が真っ暗な部屋で全方位から聞こえます。声だけで、状況が思い浮かぶ感じがして辛くなります。
 
その隣の部屋では、おそらく釣り針に舌が絡まって血が出ているアザラシの写真と、その奥に「I’m coming」という題でひたすら北極?を海から撮影した映像が流れてます。
これも、きっとアザラシが死んでしまったんだろうな、という妄想を勝手にして辛くなる。
 
直接的に○○をしました。と伝えなくても視覚、聴覚で内容が伝わる仕掛けは色々あるけれど、これはその中でもどストレートに動物保護を伝えている感じがして、アートというより訴求や、、、と思いました。ニュアンス難しいですが、、、考えさせるというよりも回答があるみたいな。
 
 
そして、次に向かったのが、ベルリンユダヤ博物館。
改装してとてもきれいになったらしい。ユダヤ人の歴史から第二次世界大戦のこと、戦後のことまで細かく展示されています。オーディオガイドに日本語があったので借りましたが、行く際は絶対借りた方がいいと思います。本当丁寧に紹介してくれます。丁寧すぎて多分全部きいていると、3時間以上かかると思います。(笑)
 
展示内容も興味ふかいですが、展示方法も工夫されていて、小さい子でも、飽きずに見ていられる気がします。ヘッドホンをつけて壁に頭を近づけると音声が流れる装置?もいろんなところに置いてあって、こうやってポーズからユダヤの方の文化をしれる体験もできるのが面白い。
 
 
ここは、あくまでユダヤ人の歴史メインなので、もちろん戦争のところはドイツとの関係は書いていますがそれにかかわらず、展示されているのが興味深かったです。
 
 
他にも、Martin-Gropius Bau 、工業製品博物館も行きましたが、あまり面白くなかったので時間あまりなかったら行かなくてもいいかもしれません。。。
 Martin-Gropius Bau は企画展をいくつかやっている感じなので、企画展にもよるかもしれません〜!
ただ隣がベルリンの壁とベルリンに関する歴史ミュージアムがあるのでそこには行くべし!って感じです。気球も飛んでます。
 
そして、今日はベルリンから安定のFlixBusでアムステルダムへ〜〜長旅〜〜!ひ〜!
絶対FlixBusのまとめを書きたいぐらいFlixBusの愛がすごい。笑
 

穴場!ニュルンベルグがとても素敵・・・リンツからベルリンへ1日目

 

 

リンツからベルリンへユーレールパスで行きました。全く使い方が分からなかったのですが、一旦とりあえず乗車してみたら、もちろん席指定券はついていないので、途中で席予約した人がいて乗り換えのニュルンベルクまで途中から立って待つ。3時間中たっていたのは1時間だったから良かったのですが、乗り換えてベルリンまでは4時間以上かかるので、降りたら速攻チケットセンター行きました(笑)
 
 
指定席はプラスで4.5ユーロで購入できました。この値段で確実に座れるのであれば全然良い。ユーレールパス長時間乗る時は必ず、チケットセンターで指定席を。また一つ学びました。。。
 
乗り換えまでニュルンベルグで1時間半ほど時間があったので少し観光。事前にあまり調べて行かなかったのですが古い建物もたくさん残っていて、素敵な場所!
 
 
 
おそらく、旧市街と新市街が分かれていて、教会やお店は旧市街。そこにはいるまでもきちんと城壁があって、お堀もあって戦争で街全体がボロボロになった後でも元どおりに綺麗に再建してありました。教会、建物は元どおりに再建されていても城壁まできちんと再建されているのはここに来て初めてみたので、感動!まさに中世のまちづくり!!!
 
祝日だったので、お店はほぼ閉まっていましたが、その分のんびり観光できました。
オブジェでなにやら人がたくさんいると思って近づいたら、みんなこんなきれいなオブジェには目をくれず、ポケモンGOしてるがな〜〜〜!!!笑 レアなポケモンもらえるっぽい。アプリアンインストールしたのを後悔しました。
 
あと、なぞの噴水。普通に子供いたら気まづいわ。
 
教会の装飾が細かくて素敵でした。ドイツの中だけでも全然建物の作りが違うので、街に行ったら絶対教会に行くようにしています。
 
謎に値下げされているサンタとされていないサンタが共存。違いがわからん。
 

https://www.instagram.com/p/BbKkyBxHLMVcnWUSOgcbkQoCWeSPsojlP-j7C00/

https://www.instagram.com/p/BbKkyBxHLMVcnWUSOgcbkQoCWeSPsojlP-j7C00/

100%独身って書いてある、クッキー。
これ私買わなでは・・・。
 
そして、また列車に乗ってベルリンへ〜。4時間は遠い。列車で寝るのは荷物盗まれたら怖いと思い、寝られないし。基本今まで移動はバスだったので、こんなに列車に乗ったのは初めてでした。日本だったら、東京から青森ぐらいですかね。
 
ベルリンに到着した時の率直な感想は、完全に都会。他の都市は、割と戦前の形で再建しているところが多かったですが、ベルリンは東ドイツ、西ドイツにわかれた中間地点であるせいか、もうごちゃごちゃしています。人も多いし、個性的なおしゃれな人が一気に増えました。っていうよりも、他のドイツの都市では全然みなかったのに、みんなベルリンに潜んでいたのか、って感じです。
 
 
そのまま、入学する前色々質問してお世話になった方のスタジオに行き見学しました。ベルリンは家賃も安いし、程よく新しいものが入ってきて、まだ形が完成されていないもの、アンダーグラウンドなものが多いのでおもしろいとおっしゃってました。たしかにまちを歩いていても、もちろんショッピングモールもあるけれど、個人のお店で自分の好きなものを売ってみた!みたいなお店が多いので、なにか始めるにはいいのかもしれないな〜。と思いました。ニューヨークは、全てが高いのでもはや修行する場所、なにか初めても継続するのが大変と行っていたけれど、ベルリンは始める、そして継続するっていうバランスが良いのかもしれないです。
あと、やっぱり戦争の中心地だったっていうのも関係している気がしました。過去から全て新しくならないといけない、というのから新しいものを受け入れてもらいイメージがしました。だからこそ、現代アートのギャラリー・美術館も多いし、アーティストには優しい街のような気がします。私も住みた〜〜〜ってなりました(笑)
 
 
1日目はよるについたのでこんな感じで、次は2日目美術館巡り、記録しようと思います〜。