人生しきりなおしちゃん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生しきりなおしちゃん

25歳女子。仕事やめて大学院へ行くの巻

NY6日目 〜アメリカ自然史博物館と最強のクッキーに出会うの巻〜

初挑戦 ニューヨーク 一人旅 R25 女子旅 #甘欲メドレー 美術館・ギャラリー

 

 

今日は以下3本立てでございます〜

============================

・念願のシェイクシャック!!

・アメリカ自然史博物館まるまる制覇

・来て1週間で究極のクッキーに出会う

============================

 

 

今日はアメリカ自然史博物館に行くと決めていたのですが、

ネットによると、自然史博物館は1日まるまる使うくらいの

展示量と書いてあったので、もうそれしか行かない!

つもりで行きました。

 

そして近くにあるシェイクシャックも楽しみにしてました。

 

恵比寿に住んでいた時にシェイクシャックができたけれど

いつも人いっぱいだったので結局日本では行けず、

 

でも、周りの人がアメリカでは絶対シェイクシャックに入った方が良いと

全力で勧められていたのでとても楽しみにしていました。

 

 

ニューヨークには数店舗あるのですが、

まさかの博物館近くのシェイクシャックが

一番混むらしく、それを知らずに行ってしまったので、

食べるまで30分以上かかりました・・・。

 

 

注文をすると、よくイトーヨーカドー

フードコートとかでもらえるような機械を渡され、

できたらぶぶぶぶと鳴る方式です。

 

 

30分近く待って、ようやくゲット。

店舗の中は人が多すぎて座れなかったため、

外の公園のベンチで食べようと、袋を開けると

1つしか買っていないのに2こ入ってる。

 

もしかして二個分買ったのか!笑

念願のシェイクシャックで緊張して

もしかしたら2個同じの買っていたのかもしれませんが

もう店舗まで遠かったので、そのままに

することに。(笑)

 

確かに、あそこの店舗で一つしか頼まない人

いない気が。周りファミリーばかりだったし。

 

 

また一人に寂しさを感じながら、食べました(笑)

 

 

が、めちゃくちゃ美味しくて感動!!!!

中身も美味しいですが、まずバンズがめちゃくちゃ美味しい〜

バンズでこんなに美味しくなるのか〜!

 

もう一個食べそうになったけれど、

カロリー的に食べたら、夜落ち込みそうなので、

袋をそっと閉じ、カバンに入れました。

 

 

そうして、1日、「なんかこのgirl、ハンバーガーくさいわ」

って思われながら過ごすこととなることはこの時まだ私は知らない。

 

 

 

自然史博物館のチケットカウンターでcitypassをチケットに

変えてもらう。

 

その際、プラネタリウムも選ぶことができます。

一人で見るなんて自爆行為!と思いながらも、

せっかくだからと、予約。

 

時間が迫っていたので入場してからそのままプラネタリウム

行きました。

 

 

テーマが「ブラックホールの始まり」的な名前。

もちろん綺麗でしたが、やはり解説の英語が

全くわからなかったため、いつの間にか爆睡してました。

 

でも、綺麗でしたよ。。。。

 

 

 

博物館はざっくり

・動物!

・海の生物!

・世界の民族!

・アメリカのこと(アメリカの植物・歴史など)!

・人間の進化!

・恐竜!

 

って感じでした。すんごいざっくりすると。

本物はいないけれど、リアルサイズの剥製?が

たくさんあって、一気にこんなに生物が見られるのとなれば、

子供達のテンションやばそうだなと思います。

 

 

個人的には、世界の民族がめちゃくちゃ

面白かった!!!!!

 

 

もう、世界全ての民族の暮らしや衣装や文化が展示されてて、

気候や場所でこんなにも服や捉え方が変わるのかと

見てて一人テンション上がりました。

 

ひたすらいろんな国のお面を写真に撮ってました。(笑)

 

やっぱり、ナスカなどアンデス山脈の人の絵と

メキシコの人の絵も全然違う。

 

そもそもメキシコの人は何か独特な世界観があるな。

卒業旅行行った時、メキシコの生贄文化にひ〜となりましたが、

やっぱり世界の民族みてもメキシコはやっぱ違うと思いました(笑)

 

圧倒的にお面が怖いのはニュージーランド

なんでこんなに怖いの。

 

日本は、そんな中、すんごいシンプル。

絵も中国やバリなどに比べて、色合いもそんな鮮やかでないし

でも、繊細で綺麗な感じ。

 

 

外国に来て、こうやっていろんな国の文化を並べて初めて

日本ってこんなところが海外と違うんだな〜と改めて

思う機会になりました。

 

 

 

 

 

 

博物館に出てからは、近くにあったクッキー屋さん

「levain」

並んでいたので、私も並ぶことに!

 

 

思い切って3つ頼んでみたら、一つがめちゃくちゃ大きくずっしり。

 

 

でも、出来立てをくれるので、暖かいうちに

食べるとチョコが若干溶けているので、めちゃくちゃ美味しい!!!!!!!

 

 

この旅の目的の一つに「究極のクッキーを探す」でしたが、

もう早速!!!!見つかる!!!!

 

カロリーも爆裂高そうですが、それでも良いくらい、

私的美味しいクッキー要素

 

①甘さ加減 

②硬さ加減

③厚さ

 

のバランスが全て良い!

個人的に甘ければ甘いほど、しっとりしてて厚い方が良いのですが(笑)

(逆にそんなに甘くなければ薄くて、硬い方が美味しい)

 

それが完璧の配合!

 

 

若干、観光地から離れたところにありますが、

行く価値あり!てゆか甘いもの(クッキー好き)

でしたらマストで行くべきところです〜号泣

 

 

 

 

もう、クッキーを、駅前のベンチで一人で

食べ、甘すぎて死にそうにながらも美味しく、

この気持ちを誰かに伝えたいと思いながら帰路に

つきました。

 

 

 

 

 

(アメリカに来て完全に太った気がします。)

 

 

 

 

 

 

あと、2週間半。

気をつけます。。。。