人生しきりなおしちゃん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生しきりなおしちゃん

25歳女子。仕事やめて大学院へ行くの巻

NY10日目 〜メトロポリタン美術館でアメリカの本気を知る〜

アメリカの10日目。言いたいことひとこと

 

メトロポリタン美術館は1日使う覚悟!」

 

 

行ったお店-------------------------------------

カメラ屋さん  K&M CAMERA

ポスター屋さん Philip williams Posters

--------------------------------------------------

 

 

 

 

友人あすかが、学校の課題で使う

カメラが欲しいという事で、SOHOの少し下のカメラ屋さんへ。

 

「K&M CAMERA」

 

カメラ専門店。三脚やらポラロイドカメラまで店内に天井ぎりぎりまで

ぎっしりと商品が並べられています。

 

もし、カメラぶっ壊れた!買わなきゃ、って時に是非。

あと三脚忘れた〜て時にも!

 

とても丁寧に店員のおじさんが説明してくれます。

友人はCanon一眼カメラとnikonフィルムカメラ購入。

フィルムカメラはいらんやろっと、最後まで言い続けましたが、

本人が欲しいということで購入(笑)

 

私は今も要らんと思ってる。(笑)

 

 

 

買った後に、外に出たらとなりのスーパーで待っていた犬が

可愛すぎました。このもふもふに触りたい。

f:id:tana_mi:20170320224945j:plain

アメリカは、店内にも犬を連れて入ってもいいようで、

カメラ屋さんでも、洋服屋さんでも古着屋さんでも

犬が何食わぬ顔で飼い主と一緒にいます。

でも、この子は外にいたからスーパーはダメなのかも。

 

日本だったら、発狂レベルだけれど、

日本は遊ぶ場所と住む場所が結構分かれているから、あまりなくて

ニューヨークの場合、基本1階お店、上が住居という形で、

日本のように場所の棲み分けがないから、そうなるのかも。

 

 

その後、2回目の

Philip williams Postersへ。

 

このポスター屋さん。やはり2回目に来ても

迫力がすごい。

 

外からは、そんな大きな店に見えないけれど、

中入ると、とて〜〜も広い。

 

f:id:tana_mi:20170321132503j:plain

 

戦前のLIFEもずらりと並んでます。

これは戦前の日本の浅草。

f:id:tana_mi:20170321132350j:plain

この写真の方は、現在もいるのかとても

気になってしまいました。

 

 

 

ネットで置いてあるポスターのコレクションも

見れるみたいです。

 

https://postermuseum.com/

 

 

修復も行っているようで、大学生っぽい方が

フォントをキレイに塗り直しているようでした。

 

こんな所で働けたら天国や〜と

思いながら、ずっとガン見。

1日費やせるぐらいの場所でした。

 

 

値段も、大きいポスターは値段が3桁のものも

ありましたが、

小さいものだと、3枚で45ドルのもあったので、

もし映画やデザイン好きの方が友達にいたら、

お土産にもいいかもしれません〜!

 

 

 

 

そして、友人と別れ私はメトロポリタン美術館へ。

というのも、citypassの期限が今日まででメトロポリタン

行き忘れていたので、必死に15:00頃行きました。

 

 

結論、午前中から来ていれば良かった・・・。

っていうくらい、収蔵されている品が多すぎて、

アメリカの本気を知りました(笑)

 

特に、エジプトコレクションは、よくこんなに

エジプト貸してくれたな(くれたのかな)って

いうくらいの量で、1ブース見るだけでお腹いっぱいになります。                                                                            

1階が彫刻、装飾品・現代美術メイン

2階が絵画メイン

 

になっていますが、

量が多くて疲れるので、

絶対これは見たい!というのは初めに目星をつけて

見た方がいいと思いました。

一つ一つ、見て行くと100%疲れて最後らへんは、

作品素通り状態になってしまうのでw

 

 

勝手に個人的に感動したランキング

1 エジプト収蔵品

2 鎧・甲冑収蔵品

3 民族収蔵品

 

エジプトのものは上記に書いたように、量と規模がすごいです。

 

f:id:tana_mi:20170321125256j:plain

ミイラを入れる棺もいくつあるのやら。

f:id:tana_mi:20170321131434j:plain

日本の甲冑コレクションも世界最大規模あるそうです。

日本でも中々見れない甲冑を間近で見れて感動しました。

f:id:tana_mi:20170321125140j:plain

あと、映画の戦闘シーンでもある鎧。

間近で見ると、こんなにも細かくてキレイに彫られている。

f:id:tana_mi:20170321125023j:plain

何百年も前の人のこの制作技術には驚愕しました。

それぞれパーツを分けて作り、何個のパーツになるのか

分からないくらい一人分の鎧を作るのに、時間を費やして

いるのが見て、ひしひしと感じました。

 

 

あとは色んな民族のものたち。

個人的に、民芸品が好きっていうのもありますが、

見ていてやっぱり楽しい。

 

世界の地域によって、全然に画風だったり、同じお面でも

イメージするものが違うのが、見ていてテンション上がります。

 

 

自然史博物館にも沢山収蔵されてますが、

メトロポリタンの方が、行事で使用する

 

装飾品が多いイメージ。

f:id:tana_mi:20170321125034j:plain

 

南米の装飾品がとても細かくてキレイ。

 

f:id:tana_mi:20170321130022j:plain

南米の方で特に標高が高い所は、比較的

茶色や土の色がはっきりした物が多い。

 

東南アジアになると、草とか植物・木を使った装飾が多くなる。

温度や環境によって、こんなにも価値観が変わったものが

作られるんだなあ、と、とても勉強になりました。

 

 

あと、2階にある日本展示室。

正直、日本の展示は、他の国比べて

色合いも鮮やかではないし、派手ではないけれど

逆にそれが際立っている感じがして、勝手に誇らしげに感じました。

 

名和晃平さんの作品も。

f:id:tana_mi:20170321125432j:plain

すんごいキレイ。

 

海外で日本の作品を見たからこそ、

日本に帰ってもっと、日本の昔の作品を見たくなりました。

 

前、山種美術館根津美術館めちゃくちゃ家から近かったのに、

行っておけば良かったと非常に後悔。

 

あと、どこの国か忘れたけれど。

f:id:tana_mi:20170321125557j:plain

 

現代美術展示。

小さい子が遊び場だと思って、作品の中

入って、ブザー鳴ってた。

確かに私も小さかったら完全に間違えてる。

f:id:tana_mi:20170321131114j:plain

1階で、じっくり見たせいで疲れてしまい(笑)

2階はあまりじっくり見ることができませんでしたが、

 

2階の絵画たちもすごい量です。

モネ!モネ!モネ!

f:id:tana_mi:20170321131826j:plain

 

 

 

 

 

いて2時間ぐらいかなって思っていたけれど、

外出たら真っ暗。結局19:00ぐらいまで滞在しました。

もうお腹いっぱい。

 

 

 

でも、日本だとこんな規模で絶対同時に色んな国の

作品見れないから、ニューヨークに来た際は、

もう1日いる覚悟で(笑)是非行った方が良いと思います!!!!

 

今日の一枚 メトロポリタン美術館で見つけた像 セルフィー

 

f:id:tana_mi:20170321131222j:plain