人生しきりなおしちゃん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生しきりなおしちゃん

25歳女子。仕事やめて大学院へ行くの巻

ちゃらんぽらん女子一人。南米に行くまでの道 〜リマ観光 MATE・天野織物美術館〜

お腹の調子が悪いが、本日最終日の夜0:00の飛行機のため、リマを満喫するべく外へ。南米にきて、スーツは壊れるわ、一眼カメラ落とすわ、お腹壊すが色々ありました笑

 

最初に、MATEという美術館へ。

f:id:tana_mi:20170424011407j:plain

MATE | Museo Mario Testino, Lima

 

着いて知ったのだけれど、前日クスコにてネットフリックスで見ていたVOGUEのドキュメンタリーで、雑誌の表紙を撮っていた方の美術館であった。その偶然にびっくり。たまたま見ていてよかった。

 

雑誌の写真がたくさん飾られてます。

f:id:tana_mi:20170424011010j:plain

f:id:tana_mi:20170424011038j:plain

f:id:tana_mi:20170424011107j:plain

f:id:tana_mi:20170424011136j:plain

f:id:tana_mi:20170424011159j:plain

 

民族衣装の写真も素敵。

f:id:tana_mi:20170424011230j:plain

f:id:tana_mi:20170424011304j:plain

 

リマの雰囲気はなんか沖縄に似ている気がしました〜。

このカサブランカもいい感じ〜〜

f:id:tana_mi:20170424011438j:plain

 

ブランコ地区のスタバおしゃれ

f:id:tana_mi:20170424011608j:plain

 

そして、もう一つの行きたかった民芸品屋さんへ。

お店全体は素敵で、店主のおばさんも民芸品大好き!って感じで、話し出したら止まらなかった。笑

 

f:id:tana_mi:20170424011704j:plain

 

この棚に入っているものは、コレクションとのこと。

f:id:tana_mi:20170424011634j:plain

 

帽子らしい。

f:id:tana_mi:20170424011732j:plain

ここでは、ピアスと壁にかける装飾を購入。これもまた可愛い。

 

 

銀細工

f:id:tana_mi:20170424012901j:plain

魚ってところがまた良い〜

f:id:tana_mi:20170424013003j:plain

 

 

 

 

 

f:id:tana_mi:20170424011801j:plain

 

 

そして、念願の天野織物美術館。

もう何百年前の織物がこんなに綺麗に残っているなんてっていうのと、それを日本人が研究していたことに感動しました。見てるだけでうっとり。

f:id:tana_mi:20170424011833j:plain

f:id:tana_mi:20170424011901j:plain

f:id:tana_mi:20170424011931j:plain

f:id:tana_mi:20170424012003j:plain

f:id:tana_mi:20170424012032j:plain

f:id:tana_mi:20170424012101j:plain

f:id:tana_mi:20170424012133j:plain

f:id:tana_mi:20170424012203j:plain

こんな細かい柄を作る技術とこんなに時間がたっても残っているなんて、素敵だな〜。

ここにきて、もっと織物や布のこと知りたいって思いました。

 

 

写真ばっかですが、MATEも天野織物美術館も素敵なので、ぜひ実物見て欲しいです〜〜〜