人生しきりなおしちゃん

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生しきりなおしちゃん

25歳女子。仕事やめて大学院へ行くの巻

ちゃらんぽらん女子一人。南米に行くまでの道 〜移動日クスコ→ラパス→ウユニ行きのバスに乗る〜

クスコ→ラパス バスターミナルまでのタクシーで半泣き

ウユニのバスに乗れるの巻

 

 

 

 

 

起きたら、高山病治っていましたが、念のため朝、近くの薬局を教えてもらい高山病の薬を購入。日本と違って、処方箋がいらないので、とても楽に購入できました。1つぶ30円ぐらいだった気が。めちゃくちゃ安い!日本だと確か1000円超えるはず。

 

高山病の薬、現地で購入してもいいかもしれません〜!

 

 

13:00の飛行機だったため急いで、昨日行けなかったところを観光。

 

やっぱり、南米の織物の柄が非常に可愛い。可愛すぎる。。。

f:id:tana_mi:20170423220533j:plain

 

結構、道汚いのかな?って思っていたけれどさすが観光都市で道もちゃんと整備されてました〜

f:id:tana_mi:20170423220637j:plain

 

器が好きなお父さんに骨董屋さんで可愛い器を購入。

雑誌に載っていたところにきたのですが、他にもネックレスなどめちゃくちゃかわいかったです。ひい

f:id:tana_mi:20170423221941j:plain

f:id:tana_mi:20170423221919j:plain

 

f:id:tana_mi:20170423222006j:plain

 

 

そして、クスコからラパスへ出発。

めちゃくちゃ短かった〜。きっと、また老後、ツアーでマチュピチュ行こう。。。

 

 

 

 

そして、今日は治安が悪いとネットのいたるところに書いてあった(笑)ボリビアラパスへ。しかも、ラパスからウユニへは、飛行機ではなくバスで行くので、空港に降りたらバスターミナルへタクシーで行かなきゃ行けないのです。

そのタクシーがよくぼったくる・着いても荷台から荷物を降ろさず去るなど結構、怖いことばかり書いてあったので、完全にビビっていたわけです。

 

 

クスコからラパスへはアマゾネス航空にて出発〜。ただ、飛行機日本人しかいない・・・!笑

しかも、女性多し。やっぱり卒業旅行シーズンだしなあと思いながら、少し飛行機の時間が遅れたので、周りの日本人と話していたら、みんなラパス着いたらそのまま飛行機でウユニに行くということで、バス行くの私だけじゃないのか。。。と思っていたら、案の定、ラパスから飛行場の外に降りるの私だけ。

 

少し、ラパスからバスターミナルまで一緒に行く人いたらいいな〜と思っていたので、ここで、人生の危機をひしひしと感じました。

 

しかも、英語は全く通じない。タクシーのおっちゃんに囲まれる。終わった。って思いながら、60ボリビアーノっていうから、40ボリビアーノにしてくれっていうと、(ネットに60ボリビアーノはぼったくられていると書いてあったのをみたので笑)タクシーのおっちゃん、誰もその値段じゃ載せられないと言われる。

 

つんだ、と思い、飛行場の中に戻り、全然関係のない両替所のおばさんに、カタコトのスペイン語で40ボリビアーノでバスターミナルまで行きたいの〜と文句を言ってみると後ろのおっちゃんが、きて乗せてくれると。

 

 

完全にタクシーのおっちゃんだと勘違いし、やった〜って思って、車持ってくるから待っててと言われ、待っていると完全に普通の車が!

 

これは、連れ去られると、やべえやべえ、と思っていると、

絶対バスターミナルに連れて行くよ!と言われ、渋々信じて乗ることに。

 

乗ってからも怖すぎて、ひたすらgooglemapでバスターミナルの場所確認しながら、半泣きいなってました。笑

 

無事バスターミナルまで連れてってもらったものの、これは絶対海外でしかも女子ひとり旅でしたらダメなやつやと思いました。「危険な地域はケチらず安全第一」

 

 

バスターミナルに着いたものの、予約したところは 「to do turismo」ってところだったので、バスターミナルには入らず、バスターミナルからみて、正面ちょっと右側にあるビルへ。

 

そもそも、南米にこんな大きなトランクとリュック1つ、そして、トートバックの3つ持ってくる人なんていないので、完全にスリにとっては最高の餌食。もう、周りにビビりながらも、道も悪いし、ラパスでは常に気をはって歩いてました。

 

 

to do turismoのオフィスは綺麗やし、ここもまたウユニに行く日本人しかいないためめちゃくちゃ楽!荷物も預けられます。

 

 

ここで、クスコで同じ宿だった大学生の少年も前日にクスコを出て、バスでラパス着いたということで同じバスでウユニへ。時期も時期だったので大学生がめちゃくちゃ多かった〜。

 

一緒のバスだった大学生の女の子2人と近くのご飯屋さんへ

f:id:tana_mi:20170423224241j:plain

まあ、あまり美味しくなかった。笑

 

 

ラパスは、クスコからくると一気に雰囲気が変わるというか、

治安あんまよくない感じしました〜。

ご飯終わってから、ずっとオフィスで出発まで待っていた笑

 

 

もともと、ウユニ2泊して、ラパス1泊して、またリマに戻る予定でしたが、ウユニ3泊してそのまま朝ラパス着いてから飛行機乗っても、間に合うことが判明し、バスの時間もここで変更。

ウユニからラパスに戻る時は、飛行場の近くまでおろしてくれます。

 

 

 

そして、バスへ。to do turisumoのバスは日本の夜行バスよりはるかに快適!

4000円と他のバスよりちょっと割高だけれど、飛行機の20000円に比べたら、全然夜行バスで満足でした〜。

 

 

もしウユニ行く際、時間があったら絶対、todoturisumoのバスをおすすめします!!!